季節は進み

長持ちしていた桜の花もさすがに散り始めましたが、それに代わって街路樹の花水木が咲き始めました。

花水木と言えば4月中旬に咲き始めゴールデンウィークの頃に満開になるというイメージがあったのですが、今年は暖かい3月だったからか随分早く咲き始めました。

花びらのように見える部分は植物学的には花弁ではなく普通の花では萼(がく)に相当する総苞というものらしく、確かに花びらのように柔らかくはなく硬い感じです。本当の花は中央の緑がかった部分とのことです。大きさはまったく違いますが紫陽花もこれに似ていますね。

人間の世界ではコロナ禍により動きが制限されていますが、植物の世界ではこれに関係なく季節がいつも通りに進んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です