寒中見舞い

今日は二十四節季の小寒で、寒に入りましたからいつものように寒中見舞いを送りました。

今年はどんな絵柄にしようかと考えましたが、暮れに見た夜明け前の空に煌々と輝く明けの明星がとても印象に残っていて、コロナ禍の中で希望の星になることを願って使うことにしました。

この寒中見舞いを出すために切手を買いにローソンに行ってSuicaで支払おうと思ったら切手はSuica払いできないと言われ、念のため持っていた現金で支払いました。郵便局ではSuicaが使えるようになって便利になったと思っていたのに。持ち歩かない小銭がまた増えてしまいました。

どうやら木曜日7日に緊急事態宣言が出そうですが、対象範囲が飲食店などに絞られるようで効果はあまり期待できません。やはり春を待つしかないのでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です