報時時計

昨日から晴れて気温も高めなのですが、北風が強く吹いているので外に出ると寒いです。

3月になって季節が変わりリビングの報時時計で鳴く鳥の種類が変わりました。

報時時計といえば鳩時計が一般的ですが、この報時時計は四季毎に鳴く鳥の種類が変わり、さらに同じ季節でも朝昼晩でそれぞれ別の種類の鳥が鳴きます。朝昼晩毎に4種類ありますから1日では12種類、それが四季で変わるので48種類の鳴き声が聴けるようになっています。

春(3月~5月)の季節では、朝(6時~9時)に咲くのがウグイス、シジュウカラ、ヒバリ、メジロで、昼(10時~18時)はコガラ、ミソサザイ、ヒガラ、アオジ、夜(19時~翌5時)はオオヨシキリ、コチドリ、コジュリン、トラフズクといった具合で、実際に録音された音声で各4種類のうちどれかが30秒間鳴きます。設定によっては季節や朝昼晩に関係なく48種類の鳥がランダムに鳴くようにもできますし、カッコーだけにすることもできます。

暗くなると鳴くのをやめるようにできますが、夕方に薄暗くなっただけで鳴かなくなりますし、夜はフロアライトだけで暗めにしているのでそのままでは鳴かなくなるので、ライトの1つを時計に向けて照らし鳴くようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です