満開に

都心では先週満開となった桜ですが、こちらでも満開になりました。気温が低めですので今週いっぱいは楽しめそうです。

新しい元号が発表されましたが、平成の時よりも違和感が大きいです。「令和」の「令」は命令、法令のように命ずることや掟という意味があるからだと思います。一方で、令名や令嬢のように良い意味や尊敬の意味もありますが、こちらの意味はあまり馴染みがありませんね。なので「令和」は和することを命じられるような感じを受けるのです。

略称は「R」だそうですから、令和元年はR1となり明治のヨーグルトみたいですし、令和18年はR18となって成人向け映画のようで、直ぐ近くを通っている国道17号はR17ですしね。まあそのうち慣れるとは思うのですが…。

(追記)
もうひとつ、「令」の字には異なる書体があって、発表されたときの文字は「令」でしたが、私は”ひとやね”の下を横棒ではなく点にして、その下はカタカナの「マ」のように書くので(学校ではそう習った記憶が)、これも違和感を感じた理由の一つかも知れません。

意味は変わりますが、同じ「れいわ」なら「令和」より「礼和」の方が親しみやすくて良かったような気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です