ラジオドラマ

先月から久し振りにラジオドラマを聴いています。NHKではオーディオドラマと言っていますが、ラジオで聴く音声だけのドラマです。

定期的に放送されているのが、NHK FMの「青春アドベンチャー」と「FMシアター」、AMではNHK第1放送の「新日曜名作座」で、それぞれに特徴があります。

青春アドベンチャーは平日の夜に放送され1回15分と短いのが5回又は10回連続(1週又は2週)で1つの話が完結します。FMシアターは毎週土曜日の夜に放送され1回50分と長く、1回で完結することが多いですが時々前後編の2回(2週)に別れることがあります。

新日曜名作座は毎週日曜日の夜に30分間の放送で、西田敏行と竹下景子の2人だけですべての配役を演ずるという独特のもので、1回で完結する場合と6回(6週)程度連続する場合があります。

以前、都内に住んでいたときには聴いていたのですが、こちらに引っ越して来てから放送を受信しても雑音が大きくて聴きづらかったのでやめていました。

ところがたまたま先月に青春アドベンチャーで「北海タイムス物語」が放送されることを知って、懐かしいなと思って聴いてみたのがきっかけで再び聴くようになりました。

聞き逃すことがあるので録音機能付きのポータブルラジオで予約録音をしており、それで後から聴くこともあります。なおスマホアプリの「NHKラジオ らじる★らじる」でメニュー「聞き逃し」を使えば、1週間前に放送されたドラマまで聴くことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です