所得税確定申告

今年も所得税の確定申告の時期がやってきましたので、国税庁のホームページで申告書を作成し、e-Taxで送信しました。

所得税額が前年より少し減ったので嬉しいと思ったのですが、これは即ち所得が減ったことを意味するのでちょっと複雑な気分です。

これまで e-Taxを利用するにはマイナンバーカードとICカードリーダーが必要でしたが、今年からID・パスワード方式が使えるようになり、マイナンバーカードやICカードリーダーがなくても e-Taxで申告することが可能になりました。


(国税庁ホームページから)

そのためのID・パスワードを貰うには税務署まで行かなければいけないと書かれていて面倒だなと思っていましたが、既にe-Taxを使っている場合は e-Taxのサイトから申請が出来て、e-Tax内のメールでID・パスワードが送られてきます。

どんなID・パスワードになるかと思っていたら、何のことはない e-Taxで使っている16桁の利用者識別番号とパスワードそのままでした。

どうやらマイナンバーカードが普及していないための苦肉の策のようで、マイナンバーカードが普及するまでの暫定措置ということになっているようですが、実際にはずっと使えるようになるような気がします。

私の場合、e-Taxを使うために仕方なくマイナンバーカードを取得しましたから、必要がなくなればマイナンバーカードの普及が更に遅れることになるのではないでしょうか。結局はニワトリとタマゴの関係ですね。

政府はマイナンバーカード普及のために健康保険証として使えるようにするようですが、マイナンバーカードには12桁の個人番号が印刷されているので、盗難や紛失のリスクを考えると気軽に持ち歩けませんから、結局のところそんなに普及するとは思えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です