台風が去って

大阪など関西を中心に大きな被害をもたらした台風21号は、南の蒸し暑い空気を残して去って行きました。

今日は午前中から日射しが強く、風が強かったせいか猛暑日にはなりませんでしたが、厳しい残暑でした。

道端にはちぎれた木の枝や葉が吹き寄せられていて、昨日の強風の痕跡を残しています。

この蒸し暑さは今週いっぱい続きそうですが、暑さにすっかり慣れてしまったので、猛暑日にならなければいいやなどと思っています。

4 Replies to “台風が去って”

  1. sing様^^
    毎日お邪魔させていただいているのに読み逃げばかりで…
    ご無沙汰いたしております。

    神戸は今晩から数日雨のようです。
    街路樹も一気に葉を落として掃除が間に合いません。
    singさんのお写真のように吹き溜まりがすぐにできてしまいます。

    BS-TBSで明日9月7日から始まる「推理の女王」、9月10日(月)は特別編成で休止と番組HPに出ていました。
    よろしくお願いいたします。

    北海道の地震も全容がわかるまでに時間がかかりそうですね。
    singさんのご出身、北海道でしたよね?
    さぞやご心配のことと思います。

    関西の停電もまだ26万戸あまり…

    秋のお祭りやお花やイベントが心置きなく日本中で楽しめる日が1日でも早く来るといいのですが。

  2. sumaさん
    お久しぶりです。
    また、休止のお知らせありがとうございます。追記しました。
    今回の台風は神戸を直撃で強風と高潮が襲いましたが大丈夫だったでしょうか。
    北海道の地震は震源地近くで大規模な土砂崩れが発生し大きな被害が出ていますし、札幌でも液状化で被害が出たようです。
    それに加えて北海道全域での停電が長引くと携帯基地局や放送中継局の予備電源が切れてしまうのが心配だったのですが、やっと少しずつ復旧しているようで札幌の姉の家でも電気が復旧したと言っていましたので一安心です。
    振り返ると、平成という時代はその名前とは逆に大きな事件や災害が多かった30年でしたね。

  3. sing様^^
    お返事ありがとうございます。

    我が家は掃除が大変なだけでほぼ無傷でした。
    我が家の周辺のお宅もだいぶ片付いてきました。
    公園や道路など広い所に飛んできた物も大きな物は元の所に戻されたり撤去されて少なくなってきました。

    関空も少しずつ再開されるようですし、阪神間の高潮で水没した地域もこんな書き方は不謹慎かもしれませんが、意外と慣れているというか、着々と片付きつつあるようです。関西人の前向きな性格も幸いしているかもしれません。

    北海道の地震も大地震ですが、連携がうまくいっているのではないかなと思います。
    阪神大震災の時はノウハウもなかったですが、東日本大震災や熊本地震や大水害、台風などありとあらゆる災害で痛めつけられてきた日本、知恵や知識も蓄積されてきたかなと思います。

    でもこれから1週間ほどが勝負時なので、救助や復旧にあたられる方々には頑張っていただきたいです。
    被災された皆様の元通りに近い生活が1日も早く実現できることを祈るばかりです。

    今日からの雨が心配ですね。
    お天気ばかりは人間の頑張りではどうにもならないのが残念です。

    1. sumaさん
      それは良かったです。
      テレビなどでは関西空港の話がほとんどで、台風が直撃した神戸は沿岸部の被害しか伝わって来なかったものですから。
      確かに大災害への対応という点でノウハウがだいぶ蓄積されてきたように感じます。首都圏も大地震がいつ来てもおかしくないと言われていますから、まずは自分自身の十分な備えをしなければいけないと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です