三内丸山遺跡

急に思い立って青森に日帰りで行って来ました。以前から縄文時代の三内丸山遺跡を見たいと思っていたのですが、新青森駅からシャトルバスで行けることを知ったからです。

東北新幹線は昨日の午後に5時間ほど運行停止していたので、その影響が残っていないか心配していましたが、やはり出発も到着も1時間ほど遅れました。

遺跡に着くとその広さと周囲の林がとても心地良く、子供の頃遊んだ牧場の原っぱを思い出しました。これで入場も駐車場も無料というのは驚きで、私が近所に住んでいたら毎日のように来てしまいそうです。

遺跡で発掘された柱を建てた跡から当時の住居や掘立柱が復元されていて、なかなか見応えがあります。しばしの間縄文人の気分で過ごせました。

ついでに青函連絡船の八甲田丸を見学してきました。50年ほど前までは青函連絡船を利用していましたから懐かしい感じです。

棟方志功記念館が月曜日で休館だったのがちょっと残念でしたが、午後には薄日も射しましたから、憂鬱な梅雨時の良い気分転換になりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です