「サピエンス全史」

久しく本のことを書いていないのですが、読んでいないわけではなく主にKindleで電子書籍を購入しています。

最近ではトランプ大統領の暴露本である「炎と怒り」や伊藤詩織さんの「Black Box」から、市川憂人の小説「ジェリーフィッシュは凍らない」まで、幅広いジャンルの本を読みました。

いま読んでいるのは「サピエンス全史」上下2巻です。

人類文明史なのですが、視点が違うこともあってこれまで知っていた話とは随分違うところがあり、常識が覆えるような興味深い内容になっています。

タイミング良く今月からNHKで「人類誕生」が始まったので(第1回の再放送は5月にあります)、併せて見ると面白いと思います。

そうそう、久し振りに紙の本も数冊まとめて買いました。まだ読んでいないのでこの話は次の機会にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です