涼しい土用の丑

昨日投票所に行くために公園の横を通りかかると、鮮やかな色の百日紅(さるすべり)の花がこんもりと咲いていて、去年引っ越してきてすぐに近くの別の公園で百日紅の花が咲いていたのを思い出しました。

今日は土用の丑ですが、関東では梅雨明け猛暑の後ここ1週間ほどは涼しい日が続いていますし、今週は戻り梅雨になりそうですから、鰻屋さんにとっては何とも間の悪いことになっています。

さらに加えて今年は鰻の値段が一段と高くなっていますから、昼に鰻重でも食べようかということにはなかなかなりません。

スーパーでも昨年までは国産が高いので中国産という選択ができましたが、今年は中国産も随分高くなっていて2年前の国産と変わらないくらいになっています。

養殖に使う鰻の稚魚(シラスウナギ)が獲れなくなって仕入れ価格が高騰したことが原因のようですが、日本鰻を絶滅危惧種に指定するかどうかが国際会議の場で議論されているくらいですから、かなり深刻な状態なのでしょう。

今年の夏は9月まで暑さが続くと言われています。この夏は鰻抜きで猛暑に耐えることになりそうで、鰻に代わる食べ物を何か探さなくてはいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です