春と秋が同居

今日も暖かくなったので大宮花の丘農林公苑に行ってきました。蠟梅が満開になっていましたが、いつもと違うのは落ちずに残っている枯れ葉があることです。

すぐ横にはサンシュユが赤い実を付けたままになっていて、まるで時が秋で止まってしまったようです。

一方で梅や菜の花は12月から咲いているなど秋と春が同居していて、冬だけがいなくなったような感じです。

長かった秋と暖冬が植物の季節感をすっかり狂わせてしまったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です