北からの便り

今日も25度を超えて夏日になりそうですが、真夏日一歩手前まで気温が上がった昨日と較べれば幾分涼しく過ごしやすくなっています。それでも初夏を通り越して一気に夏になったような感じは続いています。

それに対して北海道は気温が低い日が続いているようで、連休後半に十勝地方で雪がだいぶ積もったようですし、札幌でもやっと桜が開花したと一昨日のニュースで知りました。

今日届いた北からの便りによると、円山公園の桜(染井吉野ではなく蝦夷山桜です)もやっと咲き出し、この週末には見頃になるので屋台も出てバーベキューやジンギスカンをしながら花見を楽しむようです。

それでも北海道神宮の境内にはまだ雪が残っているとのこと、この冬に積雪が多かったことと気温が上がらないことが重なったためでしょうか。農作物の作付けが遅れているのではないかと心配になります。

円山公園は札幌市の西側にあり、私が昔住んでいたのは反対の東側だったこともあって、円山公園の桜を見たことがありません。それどころか札幌に住んでいたときに花見をしたという記憶がありません。

こちらのように春の花が梅から桜などと順番に咲くのではなく、たくさんの花が一斉に咲き始めるので、桜だけが特別という感覚がないからだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です