半年が過ぎて

今日から7月、今年も半分が過ぎてしまいました。この半年を振り返ると気候の変化がとても激しかったように思います。春は寒暖の差が大きくて、冬のような寒さになったかと思うと、夏の暑さがやってくるといった具合で、春らしいのどかな日はあまりありませんでした。

梅雨に入ると、雷を伴った激しい豪雨に襲われたかと思うとカラッと晴れ上がるという状態が続いていて、こちらも梅雨らしい日はほとんどなく、今日も今は晴れていますが夕方にはまた雷雨になるかも知れません。

4月に消費税が8%になってから、食料品や日用品はそれ以上に値上がりしている感じがします。消費税5%のときの税込価格がそのまま税抜き価格になっているものもあって、消費増税分の3%ではなく実質8%も値上がりしていることになります。

大企業では給与やボーナスが増えたところが多いようですが、私には縁のない話ですから支出を切り詰めて総支出額が増えないように頑張っています。総務省が先日発表した5月の家計調査では前年比8%も個人消費が落ち込んだとのこと、3月までの駆け込み需要の反動にしては減少幅が大き過ぎるのも納得できます。

残りの半年ではたして良い方向に向かうのか、それとも…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です