天井映画館

以前から映画などを大画面で映せるプロジェクターが欲しいなと思っていましたが、消費電力が大きくてランプの寿命は短く、本体はもちろん交換ランプの価格も高いので購入を躊躇していました。

Exif_JPEG_PICTUREところが最近LED光源のプロジェクターがあることを知りました。明るさは500ルーメンしかありませんが、家の中で夜見るには十分です。発熱が大きくないため真上に投影することもできると分かって、とうとうTAXAN KG-PL051Wを購入してしまいました。とても小さいので置き場所に困ることはありませんし、ファンの音も小さくて気になりません。

いまはレコーダーとHDMIケーブルで接続し、ベッドの横に三脚に取り付けて天井に向けて映像を投影して、ベッドに横になった状態で映画やテレビを見られるようにしています。天井は白色系の壁紙で細かな模様がありますが見ていて気になりません。最初は上を向いて映像を見ると妙な感覚になりましたが、慣れてくるとなかなか快適です。

Exif_JPEG_PICTURE音は本体からモノラルで出ますのでテレビなどはこれで良いのですが、映画や音楽番組の場合は良い音で聴きたいので、レコーダーからRCAケーブル(オーディオケーブル)でベッドの横に置いたオーディオシステムに接続しています。

プロジェクターにAV出力ジャックがあり、そこからKG-PL051W専用のコンポジットAVケーブルを使ってオーディオシステムに接続する方法もありますが、実際に使ってみると音量レベルがかなり低かったので、レコーダーから直接接続することにしました。(注)

(注)音量レベルが低かったのは、音声出力にプロジェクター本体の音量調整が効いているからだということに先ほど気づいたので、コンポジットAVケーブルでプロジェクター本体とからiPod用のドックに接続し直してみました。この方がプロジェクターのリモコンだけで音量も変えられるので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です