国立競技場見学ツアー

爽やかな天気となった連休後半の二日目、今年7月から解体が始まる国立競技場の見学ツアーに行ってきました。一昨日のニュースでツアーがあと3回しかないと知り、連休明けの7日に行こうと思っていたのですが、急に用事が入ってしまったので今日行ってきました。

休日で混雑するだろうと思い少し早めに家を出て受付開始の30分前に着いたのですが、もうこんなに大勢の人が待っていました。まあ先日の皇居と較べれば大したことありませんが。

国立競技場自体は特に珍しいものではありませんが、グラウンドの上に立つことが出来るのと、聖火台の近くまで行けるのを楽しみにしていました。

国立競技場と言えば、50年前の東京オリンピックの開会式と閉会式を思い出します。まだ高校生でしたし札幌に住んでいたのでテレビで見ただけですが、あの光景は忘れられません。

まずメインスタンド側のグラウンドです。今回入れるのはメインスタンド側のトラックまでで真ん中の芝生には入れませんが、芝生はとてもよく手入れされていて緑が鮮やかでした。

次がバックスタンドの一番上、聖火台の横から見た景色です。

そして聖火台。普段は蓋を被せているのですね。これはどこかに保存されるのでしょうか。

下を見ると長蛇の列が正面入口から競技場の反対側までぐるっと周って続いていました。11時半頃なのに13時半から始まる午後の受付のために並んでいるのでしょうか。朝のうちに行って正解でした。

次のツアーは連休明けの7日(水)で、最後のツアーが22日(木)になります。特に予約は必要ありませんし人数制限もないので、受付時間までに正面入り口に行けばOKです。料金は大人が1,000円、高校生以下が500円(要学生証)、未就学児は無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です