「穏やかな死に医療はいらない」

延命治療に対して常々疑問に思っていましたが、この本に巡り会ってやはりそうだったかと思いました。昔は自宅で最後を迎える人が多かったのですが、最近では病院で亡くなる方が大部分です。

私は病院が大嫌いなので病院では死にたくないと思っていますし、延命治療が本人にとって本当に幸せなのかという疑問を以前から持っていました。

しかし昔のように住み慣れた自宅で最後を迎えることは家族の負担が大きくて無理なのかなとも思っていました。でも在宅での終末医療が見直されてきて、家族に大きな負担を与えない方法も選択できるようになってきたようです。


この「穏やかな死に医療はいらない」は群馬県高崎市にある「緩和ケア診療所・いっぽ」で在宅診療にあたっている萬田緑平医師が書いたもので、筆者は群馬大学付属病院で外科医として患者の治療にあたっていましたが、延命治療に疑問を抱いて緩和ケア診療所を設立しました。

本の中には結果として患者を苦しめることになる延命治療の実態や、病院の医師が在宅での終末医療について知識がないために治癒の見込みのない患者に退院を許さないという実情も書かれています。

いずれも実際に経験した話が書かれていますから、読んでいて説得力があります。私はKindleの電子書籍で読みましたが、紙の本の帯には「延命治療、後悔しています」とありました。

たまたま友人が都内で在宅医療に関連する仕事をしていて以前からいろいろ話を聞いていましたので、私の住んでいるところでも自宅で終末医療を受けられる方法があるのか調べてみようと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です