卵が高騰

物価の優等生と言われている卵の値段がここに来て急激に高くなっています。卸価格では2倍以上になっているらしく小売価格も急騰しています。

どうやら夏の猛暑の影響で卵を産む鶏の数が減って供給が少なくなっているところに、クリスマスケーキなどを作る時期が重なり、さらに急に寒くなってゆで卵が人気のコンビニおでんの売り上げが伸びるなど需要が増えたためらしいです。

卵は通常価格で買ったことはなく週2回ある特売日に1パック99円で買っていて、先週水曜日までは1人1パックという制限だけでした。ところが先日の日曜日は価格は99円と据え置きですが制限が厳しくなって、卵以外で1,000円以上購入しかつ1家族1パックとなりました。これを知らずに買った人が多くて購入金額が1,000円に満たなかった場合にレジで混乱が起きていました。

そして今朝の新聞折り込みチラシを見ると、明日の特売日は価格が1パック108円になっています。店側では仕入れ価格が上がってきっと逆ざやが大きくなっているのでしょう。昨年ここに引っ越してきたころは1パック88円で売っていたのが嘘のようです。

(11/30追記)—
今朝の折り込みチラシでは明日の特売日は1パック118円とまた値上がりしていました。どこまで上がるのかなぁ
—追記終わり—

卵だけでなく天候不順で野菜も高騰していますし、加工食品の値段も円安によって輸入原材料の価格が上がったためか最近じわじわと値上がりしていて、1回の買い物の支払い額が着実に増えてきたことを実感しています。これで来春消費税が上がればさらに3%高くなるわけです。

景気が回復してきたと言われていますが、この冬のボーナスが増えたり来春に給与が上がるのはごく一部の会社だけでしょうし、株高などの恩恵を受けているのは資産を持っている限られた人たちで、10数年前にサラリーマンを廃業した私は収入が実質的に目減りする一方ですから、収入増の新たな方策を考えることと日々の支出の見直しが必要になってきたようです。

いつも行くスーパーより少し先に低価格スーパーがあるようで、そこのレジ袋を持っている人を以前からよく見かけますから、どれくらい安いのかちょっと行ってみようかな。慣れないスーパーは買いたい物がどこにあるのか探すのが大変なのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です