熊谷桜堤

今週は雨が降ったりして陽射しがなく肌寒い日が続いていましたが、今日は朝方から薄日が射して暖かかったので、熊谷の桜堤まで出掛けてきました。

熊谷は最高気温40.9度を記録した日本一暑い街で有名になりましたが、荒川沿いに延々と続く桜でもよく知られています。距離にすると2Kmくらいはあるでしょうか。熊谷駅の南口から歩いてすぐなので車でなくても行きやすい場所です。

写真では見ていたものの、実際に目で見てみると遙か彼方まで続く桜の壁は壮観でした。でも桜は堤防の外側の低い場所に生えているため、堤防の上から見ると桜の花が目の高さでかつ少し離れているので見上げるという感じではありません。そのためでしょうかちょっと物足りなさを感じました。

kumagayasakuradutsumi荒川の流れの淵まで行ってみると中洲から鶯の鳴き声が聞こえてのどかな春の雰囲気です。以前住んでいたところの横を流れていた荒川とは違って水量が随分少なく、川上に長い橋が架かっているのが見えました。

kumagaya_arakawaここから秩父鉄道に乗ると荒川に沿ってさらに上流に遡り長瀞や秩父まで行くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です